« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

過食だと認めること

「食べる」事は、幸せで、生きていく上で大切な事だと思っている。

けれど、
私は食べる事が恥ずかしい。
恥ずかしいと思っている事を人に悟られるのも恥ずかしい。

だから、人前でも食べるし、そんな恥ずかしい自分にイライラして陰で食べる。

そして、後悔して、自分を人と比べて自己嫌悪に陥る。

中学辺りから、そんな事を繰り返している。

そんな私にも相談出来る人ができた。

量の多い・少ないではなく、満足出来ない食事では、満腹感を得られないし、幸せではないと。

教えてもらいました。

簡単なようで難しい事だけど、この悪循環を今年中に抜け出そうと思う。

頑張るよ

| | トラックバック (0)

カルボナーラモドキ

カルボナーラモドキ
子供の日の夕食に、カルボナーラモドキを作りました。

これはいつぞや、グータンヌーボで杏が作っていたもの。

「卵も生クリームも使わないカルボナーラ」と紹介していたんだけど、女優さんはやっぱり色々と気をつけているのね~。

我が家でアボカドと言えば、わさび醤油で食べる、とか、納豆とサラダと一緒にアボカド丼、とか、
パンを作った時にディップにして、挟んでたりするくらいだったけど、またレパートリーが増えた
V(^-^)V

全部目分量ですが、杏のオリジナルを作りたかったので、今回はベーコンもパルメザンチーズもつかって。

ただ、マヨネーズだけは買っても使い切れないので豆腐マヨネーズ(水抜きした絹ごし豆腐・味噌・酢・塩コショウ)を使いました。


オリーブオイルでニンニクとベーコンを炒め、潰して和えたアボカドとパルメザンチーズとマヨネーズを合わせるだけ。

あとは茹で上がったフィットチーネに絡めて出来上がりです。

子供達は、アマランサスと豆乳と味噌で作った、タラコ風スパゲティーの方が好きだったみたいだけど、(多分、マヨネーズの味かな。うちの子らマヨネーズ、嫌いなんだよね)baffiには大好評!!

次回作るときは、パルメザンチーズの代わりに豆腐の味噌漬け、ベーコンの代わりにかんぴょうを揚げたものか、板麩を使ってみる予定。

Seiが幼稚園に通い始めて、お昼は久しぶりにbaffiとふたりきりになれるかと思っていたら、家族で3週間ほどインフルエンザが大流行して、「春休みが延長した」みたいな感じだったから、今度二人でゆっくりお昼が食べられる時にまた。

| | トラックバック (0)

家にあるお米で


家にある玄米と白米を、洗って乾燥させ、軽く煎ってからマジックブレッドで粉砕して、パンにして見ました。

微妙に残った荒い米の粒がプチプチと面白い。

家にあるお米で

お試しの今回の材料は、

米粉180g
地粉 50g
豆乳200ml
(白米パンは150ml)

白神こだま酵母小匙1
塩少々

油分や糖分が入ればまた膨らみかたも違うのだろう。
そっちの方が万人受けするだろうけど、玄米の方は水分量も多く、蒸しパンみたいな仕上がり。

話題のゴパンもいいけど、米を粉砕出来ればいいんだから、なんとか出来るものです。

小麦粉と一緒にすれば団子粉でも出来るんだけどね。

ちょっとだけ面倒臭いことをして遊んでいたgattaでした。

| | トラックバック (0)

カルモシモサカ



またまたちょっと前の話になりましたが、久々に自家焙煎。

カルモシモサカ


カルモシモサカと、カルモシモサカのピーベリーです。

ピーベリーはコロンとしてかわらしい。

カルモシモサカ


雑だったのかちょっと酸味がでてしまったのが残念だったけど、今回は煎り上手じゃなくてフライパンで。
だって煎り上手ってガバッと一気に焙煎出来ないんだよね。

ちょっとだけ、今、飲む分だけって気分の時はいいんだけど。

始めに生豆を軽く洗っていたので、チャフもあまりとばずに済みました。

ピーベリーかわいい~☆

カルモシモサカ

| | トラックバック (0)

ゴールドフィルター

ずっと気になっていたゴールドフィルターの2〜6カップ用を買いました。

3代目のミルカフェもくたびれてきたので…。

ゴールドフィルター

面白いのは、古い豆だとダーッと滝のようにドリップされるのに対して、ちゃんと新しい豆を使うときちんとお湯を含んで膨らみ、ゆっくりとドリップされること。

バネットやコーノ式よりも、どちらかというとカリタのゆっくりとしたドリップ好きなんだけど、メッシュってどうなんだろうと思っていたんだ。

やっぱり豆次第なのねぇ〜。

年が明けてからタイミングが合わず、地震の影響もあったりで、今だにお気に入りのカフェへ行けません。

スーパーでそのカフェの豆を買う事も出来るので仕方なく買ったりしたことも。

やっぱりお店に行きたいよなぁ〜

| | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »