« コーヒー | トップページ | まずはパン屋とカフェを捜せ »

岩手・宮城内陸地震

先日、一番怖いのは人間だと書いたばかりだけど、やっぱり天災も怖いわ。
bluがお腹にいたH15年・5月の地震や、発生後、bluがしばらくの間カーテンが揺れるだけでも泣いていたH17・8月の地震が鮮明に思い出されました。

平成20年6月14日8時43分
私達の住む地域でも結構強い揺れで多少の物が落ちました。
この辺りの震度は5。長い揺れでちょっと焦りました。

baffiは玄関をあけ、私は子供たちを両手に抱え、台所のガスの元栓を閉めて、戸口に非難して揺れがおさまるのを待ちました。

揺れがおさまってからすぐにbaffiが出勤したので、14時30分頃に自宅待機で一時帰宅するまでヒヤヒヤしながら過ごしました。

ずっとNHKをみていたんだけど、あまりの惨事に声も無くすばかり。道路が、崖が、天井が、旅館がメチャクチャです。

余震もかなり。
今でもあるし。
しばらく続くかと思うとヒヤヒヤします。

良かったのは、余震でもbluが怖がらずに机の下に潜りこんでいたこと。
毎月幼稚園で避難訓練しているから覚えていたんだね。
前回はあんなにビクビクしていたbluが頼もしく見えました。

出来るだけ低いインテリアにしているので部屋にいれば落ちて来るものはなにもないんだけど、一瞬ドキッとして動悸が…。

H15年の地震以来、地震がくると動悸がします。あと、手が震える。

妹と弟が、電話が通じて話した時に『ねぇちゃん絶対パニクってるよね』と言っていたらしいけど
(*`θ´*)
パニクってはいないけど実は動悸はしていました…(汗

seiはいつもどおり。何も変わらずで、まぁ赤ちゃんだし分からないだろうけど、それも安心しました。

それまですっかり忘れていたけど、6月12日の宮城県沖地震から丁度30年。
その時は母は妹がお腹の中にいて、2歳の私を抱えて逃げたとか。

ブロック塀が倒れて下敷きになって亡くなった子供たちも多かったとか。

今は、亡くなった方々の御冥福、負傷されている方々の早期の回復、避難されている方々が出来るだけ早く安心して暮らせるようになるのを祈るばかりです。

岩手・宮城内陸地震

出来るだけ小さな余震でエネルギーが逃げますように。

|

« コーヒー | トップページ | まずはパン屋とカフェを捜せ »

caffe` e dolce」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

お久しぶりでした。
お見舞いコメントありがとうございます。

そちらも凄くゆれたようですね…
大事ないようでよかったです。

私も、何度が大きな地震を経験しましたが
こんなに大きなのは初めてで
かなり焦りました…。

「ついに宮城県沖(地震)がきたのか~!?」

って、おもっていたのですけれど、
震源が岩手で驚きました。

ウチの子供もおびえるようなことはなかったですが、環境の微妙な変化に反応して体調を崩しています。

実家の小さな姪達も初めての大地震に
余震でも怯えているようです。

早く日常が戻ってくるといいですね。

投稿: るー | 2008年6月16日 (月) 14時20分

☆ るー サマ ☆

地震は、突然くるし、大人でも怖いのに、子供たちの恐怖は計り知れないですよね。

宮城県沖がまだ来るのかと思うと不安だけど、できるだけの備えはしておきたいと思います。

あれから1週間経ったんだね・・・。

投稿: `GATTA´ | 2008年6月22日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/159914/21652973

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手・宮城内陸地震:

« コーヒー | トップページ | まずはパン屋とカフェを捜せ »